矯正グッズ

包茎矯正グッズを使うことで、自分でより早く包茎を克服できるかもしれません。
もし、あなたが未成年であれば、クリニックで手術を行ないたいのであれば、親権者の同意書が必要です。未成年お支払優待制度を設けるなど未成年を優遇する貸付制度を行うところもありますが、親権者の同意書は必要です。

包茎、性病、ED(勃起不全)の治療は上野クリニック
なかなか親に悩みを打ち明けることができないからクリニックでの治療に踏み出すことが出来ない、他人に知られるのは恥ずかしいので手術するのはちょっと…と思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、市販の包茎矯正グッズというものがあります。
包茎矯正グッズを使えば、外科手術に比べリスクが少なく費用もあまりかからず自分で治療できる可能性があります。未成年の人も親権者の同意書が必要ありません。
ただし、手術と違い、すぐに結果が現れるというものではないことは知っておきましょう。

矯正グッズの種類

ボブサックパンツ型
ボブサックパンツは、ビガーパンツのボクサーパンツタイプです。パンツの中で亀頭を露出させ、特殊な麻布地と摩擦させることで亀頭を増強し改善を図るパンツですが、デザインは普通のボクサーパンツと変わらないため他人に気づかれることなく矯正できます。
亀頭に刺激を与えるため、皮膚のトラブルを起こす場合もあるので使用には注意が必要です。
リング型
リング型の包茎矯正グッズは、自分で包皮が剥けるような、軽度の仮性包茎の人が使用するものです。
自分で包皮を剥いて亀頭を露出させてもすぐに元に戻ってしまい、なかなか矯正が上手くいかない場合に、包皮を剥いた状態で亀頭冠の部分や陰茎の根元で包皮を止め、包茎を矯正します。
包皮を剥いて、常に亀頭が露出した状態で固定することにより包茎を矯正するものがリング型の矯正グッズになります。
接着剤型
シール(接着剤)タイプの包茎矯正グッズも、基本的にリングタイプと同じように余分な包皮が亀頭に被さらないよう器具で固定する方法をとります。 シールタイプの良いところは、リングタイプとは違って矯正器具を使用中であるということが他人に気付かれにくいという点があります。
リングタイプのような目立つ包茎矯正グッズには抵抗がある…という方は、シール(接着剤)タイプの矯正グッズを使用し包茎を徐々に治す方法を試してみるのもいいかもしれません。

包茎、性病、ED(勃起不全)の治療は上野クリニック

用語集
用語集
コンプレックス
短小
ED

相互リンク