包茎の問題点

包茎の問題点として大きく分けて下記のようなことが挙げられます。
精神面の問題点

包茎である場合、男性器の大きさが実際よりも小さく見えます。
また、「包茎=子供」というふうに見えるので、包茎である事を誰にも知られたくない、絶対に見られたくない、という意識が働くようです。
会社での旅行や、他人と入浴を共にするような場面においては、考えてしまう・・・という事も珍しくありません。
これでは、楽しいはずの旅行なども、楽しむ事ができないではないでしょうか?強くコンプレックスを感じるようであれば、包茎は病気ではありませんが、治療を検討された方が良いかもしれません。
→ 自分で治療する方法

衛生面の問題点
よく包茎は「不潔だ」、「臭い」なんていわれていますが、これは、はたして本当なのでしょうか?
確かに、ペニスを洗わずにおくと白っぽい恥垢がたまります。つまり包皮や亀頭部の垢(アカ)です。これは、チーズに似た匂いで正直臭いです。
この恥垢が、いろいろな性病を引き起こす原因となるのです。
また、ご自身が不快や痛い思いをするだけでなく、不衛生な状態のままSEXを行うと、女性器に悪影響を与え、女性器の病気(症状)が現れることもあります。また、包茎の場合、露茎と比較し性行為感染症に感染しやすくなる傾向があるという報告もされています。
→ 性病になりやすい?

上記のような問題がありますが、どれも陰部を洗わずに不潔にした場合です。包茎でもしっかり洗っていれば、大丈夫なのであまり心配しないでください。

機能面の問題点
性行為の時の早漏との関係性は聞いたことがあるでしょうか?もちろん、その事だけが原因とは言えません。
ですが、包皮で包まれている状態だと、亀頭部及び内板が過敏となり刺激に弱くなるため、早漏の大きな原因となる場合が十分に考えられます。
その他、包茎は包皮が長い分、女性器の中(膣内)での摩擦が減少し女性への刺激が弱くなります。また、亀頭冠(カリ首)は膣壁を刺激する働きがあるのですが、ピストン運動の際、特に引き出す動作の際に包皮が亀頭冠に覆いかぶさるため刺激が伝わりづらく膣壁への刺激が減少することが考えられます。そのため、包茎を治すことで女性が満足しやすくなったという方も大勢いるようです。
→ 早漏との関係

早漏以外にも、包茎の場合、全般的に亀頭の発育が阻害され、先細りの傾向にあり、成人してから包茎手術を受けても成長はしませんが、若干亀頭に張りが出来たように感じる方がいます。 亀頭の張りをもっと強くしたい場合は亀頭増大術を行なっているクリニックに相談してみると良いでしょう。


包茎、性病、ED(勃起不全)の治療は上野クリニック

用語集
用語集
コンプレックス
短小
ED

相互リンク