性病になりやすい?

包茎を原因として発症する性病、異常はいくつかあるのですが、その代表的なものに次のものがあります。

性病の種類

性器クラミジア感染症
クラミジア・トラコマチスが性器や尿道などに感染して発症します。
主な感染部位として咽頭、尿道、膣内等があげられ、性交などの際に粘膜接触により感染します。
症状としては軽度のうちは尿道から膿が出たり多少の痛みを感じる程度ですが、進行すると前立腺炎や精巣上体炎等の様に他の内臓等が炎症を起こしたり、女性の場合には不妊の原因や新生児への産道感染の要因にもなりえます。
他の性感染症との併発も起こしやすく、危険な病気の一つと言えます。
尿道炎
クラミジアや淋菌などが尿道に入り炎症を起こすことによって発症する性感染症で、尿道から膿の排出と排尿時に痛みを伴うなどといった症状があります。
包茎の男性はどうしても恥垢が溜まりやすくなってしまうため、尿道炎かかりやすいと言われています。
淋菌性尿道炎の場合、発症が早く膿も黄ばみが強いなどといった特徴がありすぐわかりますが、クラミジアなどの非淋菌性尿道炎は膿も透明で症状も軽く気づくまでに時間がかかります。
亀頭包皮炎
特に真性包茎(及び低年齢児の男児生理包茎)に多く、皮の内側などに溜まった垢等を原因として亀頭が腫れてしまったり、膿が出たりする症状を招く場合があります。
患者の多くは子供ですが、真性包茎の患者の場合は年齢に関係なくその危険性があるので注意してください。
フォアダイス
フォアダイスとは亀頭や雁の周辺に白い脂肪粒が発生する状態ですが、極端な言い方をすればニキビと同様のものですので無害であり別段心配する必要はありません。
ただし、他の性病で特徴が類似しているものもあるため、素人判断でなく泌尿器科や専門のクリニックで診察してもらうことをオススメします。
真珠様陰茎小丘疹
「しんじゅよういんけいしょうきゅうしん」と読みます。
雁周辺に環状に白みがかった小さな突起が生え揃う形で発症しますが、これも病気ではなく直接的には無害です。
しかし、突起の隙間などが衛生的に汚れがとりづらくなる為二次的な性病の原因になるので入浴、洗浄の際には注意してください。
尖圭コンジローム
HPV感染により発病する性感染症の一種で、陰茎他患部に不揃いな赤みがかったイボが無数に発生します。
主な患部は亀頭、陰茎、陰嚢、会陰、肛門、大腿、陰唇、膣、口唇等性的接触があり皮膚粘膜等の弱い場所に発生しやすく、通常1ヶ月以上(長期の場合半年以上となる場合もある)の潜伏期間を有する為、感染経路をたどるのが困難になります。
GH(性器ヘルペス)
ヘルペスウィルスによる感染症で、性器や臀部などに水ぶくれや赤い発心、皮膚粘膜の爛れなどがおこり、場合によっては痛みや発熱を伴う場合もあります。
大変感染性が強く、セックスなどの接触行為で感染し、1週間前後(誤差は個人差もありますが3日程度前後します)の潜伏期間を経過し発病します。治療しても再発の危険性があるため注意が必要です。
ケーラー紅色肥厚(ボーエン病)
赤みがかった光沢のある色素沈着を見せる悪性病変の一種で、患部がかさぶた状になったり表皮部が盛りあがったりする形で発症します。
包茎男性に発症がみられ、発癌性のある癌前駆症の一つとして認知されています。男性性器に発症するものをケーラー紅色肥厚、それ以外の場合にはボーエン病と称されるようです。
陰茎癌(扁平上皮癌)
陰茎癌は亀頭、陰茎、包皮等に発症する癌の一種で、原因は溜まった恥垢ともウィルス感染とも言われていますが、確固たる原因が突き止められるケースは少なく、包茎の人に発症例が多いことから上記のような原因ではないかと推測されています。
子宮癌
子宮癌は包茎である男性自身ではなく、パートナーの女性に発病の危険性があります。
包茎の場合、亀頭周辺に恥垢や雑菌などが溜まりやすいため、不衛生にしているとパートナーの女性が性病にかかってしまう場合もあります。常に清潔にしていればさしたる心配は無いでしょうがパートナーのことを気遣うのなら頭に入れておいて下さい。

包茎、性病、ED(勃起不全)の治療は上野クリニック

用語集
用語集
コンプレックス
短小
ED

相互リンク